にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ

大手企業を退職して、弁理士資格でライフシフト

37歳元会社員です。 ライフシフトを目指し、超大手企業を退職し新たなチャレンジを始めました。 企業で培った知識や経験をもとに、より多くの方に知的財産の魅力を伝えていきたいと考えています。

大手企業を退職して、弁理士資格でライフシフト イメージ画像

知財ニュース

 以前にいきなりステーキの特許に関する記事を書きました(過去記事)。 アクセス的にも一定のアクセス数のある人気記事になっています。 そして、このいきなりステーキ特許。知財業界の人間としては、 「発明とは何か」 ということを考えるいい機会となっています。 

 会社を退職して、Rubyというプログラミング言語の学習を始めました。 会社に在職中は、機械設計をしており機械図面を書いていました。 現在は弁理士試験に合格し、知財の専門家として業界を盛り上げていきたいと思っています。 本日は上記のような経験を有する管理人が

 ずっと楽しみに見てきた、下町ロケットついに最終回となりました。   最後までとても面白く見ることができました。ただ、年明けにスペシャルがあって本当の最終回はそっちのような気もしています。 回収できていない、伏線も多いですし。 知財とはあまり関係のない話

 ヤフーニュースにiPhoneの差し止めに関する記事が出ていました(https://news.yahoo.co.jp/pickup/6306332)。 アップルとクアルコムは世界各国で特許紛争を繰り広げていますが、中国で差止ですか。すごいことになりそうですね。 今回の提訴対象となった特許は把握していま

 先日、話題のPayPay(ペイペイ)の基本特許を見つけました。(過去記事参照) 非常にシンプルでかつ、実用的な請求項で構成されています。知財業界に係るものとして、このような請求項の構成は見習いたいところです。 さて、日本ではいよいよQRコードによる決済が本格普
『PayPay(ペイペイ)の基本特許とLINEPAY(ラインペイ)の比較』の画像

「100億円あげちゃいます」というキャンペーンとともに開始された、ソフトバンク系列の合弁会社のペイペイさん。いや、すごいですね。キャンペーンのインパクトと規模が桁違いです。日本のQRコード決済の本格普及の第一歩となると思っています。 どれくらいのスピードで、10

いきなりステーキの出願した特許が異議申立てにより、 「法上の発明でない」 という理由で取消決定された件について、東京高裁は取消決定は誤りであるとの判決を行いました(全文リンク) うーん、発明とは何か考えさせられます。 請求の範囲は、 お客様を立食形式のテ

↑このページのトップヘ