にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ

大手企業を退職して、弁理士資格でライフシフト

37歳元会社員です。 ライフシフトを目指し、超大手企業を退職し新たなチャレンジを始めました。 企業で培った知識や経験をもとに、より多くの方に知的財産の魅力を伝えていきたいと考えています。

大手企業を退職して、弁理士資格でライフシフト イメージ画像

法人設立

 知財部機能を広く提供する! この目標を達成するために、事業の準備を進めています(過去記事参照) まだ準備中で広く案件を募集しているわけではありませんが、知り合いの大学教授からとある企業の相談に乗ってほしい、と依頼されました。 私で力になれるなら、と先日

 企業の知財部に所属後、弁理士資格を取ってこれからの事業についていつも考えています。 従来の特許事務所弁理士の書面作成により料金をいただく という図式を変えていきたいと思っているのですが、何かを相談する際にお金を払うという文化は知財業界にはまだ浸透してい

 オフィスを探していることは、以前にも記事にしました(過去記事)。 実は某大学内にオフィスを借りないかというお誘いを受けて、そこに数年間入ることを真剣に検討しておりました。 ベンチャー企業にオフィスを貸し出している大学というのは、あまり知られていませんが

会社を退職して、独立しようとすると悩みの種となるのがオフィスです。 自宅で毎日仕事をするという選択もありますが、名刺に書いたりホームページを作ったりする必要もあるため、やはり自宅だと少し抵抗があります。 私は、退職⇒勉強@主に図書館 という流れだったので

 会社を退職する前に読む本、といった内容の書籍が書店には並んでいます。 辞めるタイミングや、必要な手続き等が詳細に書かれているのですが、その中に 「辞める前にクレジットカードを作っておくこと」 といった内容がありました。 この書籍の内容を知っていながら、

かなり久しぶりの投稿になりました。会社を退職し、名実ともに自身の設立した会社で事業を行い生計を立てていく予定です。会社を辞め、資格試験の勉強に集中しておりましたがあとは結果を待つばかりとなりました。そのため、今はHP作成に向けWEBアプリの開発をすべくオンライ

勤めていた会社の正式な退職日が来たため、自分の法人で社会保険の加入手続きを行ってきました。必要なものは、・会社の登記簿・会社の印鑑・法人番号通知書のコピー・個人の年金手帳だけでした。年金事務所にて、新たに法人で社会保険に加入したい旨伝えると加入申込書をく

↑このページのトップヘ