先日モノづくりに関する展示会に行ってきました。

 目的としては、最新の技術に触れあいつつ知財の悩みについて聞きだしたい(営業)というものです。

 出展している多くの企業と話したいと意気込みつつ参加しましたが、自分の詳しい技術分野以外についてはなかなか話を聞いても

 「???」

となることも多く、しっかりと話をするというところまではいきませんでした。

 このあたりが、営業ド素人丸出しですね。。。でも、門外漢の分野から仕事をもらっても自分の強みを生かすことができない、と割り切っていきたいと思います。

 さて、モノづくりの展示会には多くのアジアの企業の方が参加されていました。加工技術についてもかなりのレベルになっており、製造業の中心がアジアに流出しているのも頷けます。

 ただ弁理士バッジをつけて、そのような企業のブースで話を聞いていたところ、
 ブースの人「これはこうやってこうやって×××で作っています。ところで、お客様は何をされている方ですか?」
 私「弁理士です。知ってます?ベンリシ。」
 ブースの人が目を合わせる。そして、現地語でやり取り。
 
 その後。

 ブースの人「・・・・(沈黙)」

 おーい。さっきまでいろいろと話してくれたじゃないか。どうして急に黙る?うーん、何かやましいことでもあるのだろうかと勘繰ってしまった。

 それはそうと、営業の成果が出ることを願っています。


無料で5年分の弁理士短答式試験が学習できるWEBアプリ

無料弁理士講座 タダ弁(https://www.tadaben.com)



にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ