オフィスを探していることは、以前にも記事にしました(過去記事)。

 実は某大学内にオフィスを借りないかというお誘いを受けて、そこに数年間入ることを真剣に検討しておりました。

 ベンチャー企業にオフィスを貸し出している大学というのは、あまり知られていませんがあります。もちろん、どんなベンチャー企業にも貸してくれるわけではなく、その大学の関係者であることが必要です。

 この業界だと、特許検索システムを開発しているpatentfield株式会社さんが京都大学内にオフィスを構えていらっしゃいます。

 私自身は、知り合いの教授に顧問を依頼する or 自身が博士課程に進学するというどちらかで大学関係者となり、大学内オフィスをお借りしようかと考えていました。

 しかし、特許事務所&一般法人という組み合わせを一か所での運用にしたいため、上記のような形態は難しいことが分かりました。

 そのため、通常のオフィスを借りるべく内覧等を開始しました。

 バーチャルオフィスというのも考えたのですが、やはり自身の作業場も欲しいですし、お客様との打ち合わせのスペースも必要なため、レンタルオフィスを軸に考えています。

 理想的には友人の行政書士・社労士と一緒にオフィスを借りられるといいかなと思ってはいます。そうしたら、特許・行政書士・社労士事務所という何とも複雑な事務所となります(笑)。そうしたら、私も行政書士登録して業務の幅を広げておくのもいいかもしれません。

 2月からオフィスに入るべく、今後も情報収集していきます。


無料で5年分の弁理士短答式試験が学習できるWEBアプリ

無料弁理士講座 タダ弁(https://www.tadaben.com)



にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ