企業知財部員と特許事務所弁理士って、こんな関係になりがちです。

 企業知財部員:仕事を出す側(元請け)
 特許事務所弁理士:仕事をもらう側(下請け)

 大企業の知財部とかだと、配属直後でも特許事務所弁理士の方に仕事を依頼し、出願書類のチェックなんてことをしています。

 そして、上司チェックが入り、自分の案件が出願できなかったりすると、
 
 企:「あんたの明細書がしょぼいから出願できなかった。どうしてくれる!」
 特:「すみません。すぐに直します。どのように直したらよいでしょうか?」
 企:「そんなのそっちで考えて。指摘されたのはこことここの書き方」
 特:「???(まっこいつと話しても仕方ないな。少し書き方変えて出すか)」

 完全に主観ですが、こんな感じになったりすることがあると思います。

 そして、この後一生懸命検討して修正して企業知財部員に送っても、何のフィードバックも無かったりします。

 担当の企業知財部員が能力的に低い場合、相方となる特許事務所弁理士の方はとても苦労します。

 日程にルーズだったり、技術的に誤っていたり、等々いろいろなパターンがあったりします。

 本来の両者の関係は、相棒(パートナー)であるべきなんです。
 相棒となるために両者が必要なことを考えてみると

【両者ともに必要】
・担当技術の知識
・基本的な知的財産に関する知識

【企業知財部に必要】
・担当技術の特許取得ストーリ考案(類似技術や周辺技術も含めた)
・必要な権利範囲の設定(望ましくはクレーム骨子まで)

【特許事務所弁理士に必要】
・担当技術の正確な明細書作成
・特許法に基づく補正・反論が可能な内容の明細書への折り込み

 この関係ができていないと、企業知財部員と特許事務所弁理士との関係はうまくいきません。本ブログを読んでくださる方の中で、付き合いを良好にしたいと思っている方は是非上記の関係を意識してみてください。そして、コミュニケーションを積極的にとるようにしてみてください。知財という共通の話題がありますので、結構話は弾むと思いますよ。

 私も長く企業知財部員として、多くの弁理士の方と仕事をさせていただきました。その経験から言うと、上記関係が成立しお互いの考えていることが分かるととてもスムーズに仕事が進みます。

 そして、特許事務所弁理士の方がやたら技術に詳しく、企業知財部に在籍したことがあるような方の場合は、知財活動にドライブがかかります。そんな方に巡り会えたことがあります。
 時に激しく議論もしましたが、とても楽しい時間でした。コミュニケーションが良く取れていたのだと思います。

 私自身は、これから特許事務所弁理士に必要な力を伸ばしつつ、企業知財部のスペシャリストとして、知的財産部を持つことができない企業を支援していく事業を推進していきます。

 知財人材の育成は時間と労力がかかります。企業知財の経験者が、外部の企業のサポートをするということはこれまであまりなかったことと思います。
  
 知財業界を盛り上げるためにも、多くの企業の知財活動を推進していくべく頑張る所存です。



無料で5年分の弁理士短答式試験が学習できるWEBアプリ

無料弁理士講座 タダ弁(https://www.tadaben.com)



にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ