下町ロケット毎週楽しみに見ています。
 池井戸潤さんは、銀行経験を生かして金融関連の小説を多く執筆なさっていますが、こういうモノづくり関係も非常に面白いです。

 下町ロケットの今回のテーマは何とトランスミッション!!

 エンジンメーカであった佃製作所がトランスミッション事業に参入するというものです。トランスミッションがテーマになったドラマが過去にあったでしょうか。私の知る限りでは始めただと思います。

 わたくし、実はトランスミッションが大好きです!!エンジンの力を大地に伝えるトランスミッション。あまり注目されない技術ですが、実はとても進化しています。また、各メーカ様々なトランスミッションを製造しており、設計思想も異なり技術者の腕の見せ所的な部品なのです。

 また、ドラマ中で相手方のトランスミッションをバラシて、特許侵害の調査をするシーンがありました。

 いや、懐かしいです。私もよくやっていました。広い権利範囲の自社特許をもって、分解作業場で類似製品を徹底的に調査する。そして、他社が自社の特許を侵害しているという確証を得た時の喜びは本当に何とも言えないものです。

 と、熱くなってしまったのは自分が元トランスミッションの設計者でもあり、知的財産部でもエンジン、トランスミッション、ハイブリッドという技術の担当をずっとしてきたからなのです。

 さらにドラマ中で出てきた特104条の3の抗弁についても、論文や古い資料を引っ張り出して検討したこともあります。

 原作も読んでいるため、今後の展開は知っていますが今後もドラマを楽しみにしています。このドラマを見て、知財の楽しさにもっと注目が集まることを願っています。



無料で5年分の弁理士短答式試験が学習できるWEBアプリ

無料弁理士講座 タダ弁(https://www.tadaben.com)



にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ