先日、後輩が私に続いて会社を退職しました。知財業界内で転職をするようです。転職をする際には、どのような将来像を目指すかがとても大切だと思います。同じ知財業界でも得られる経験や知識が異なるからです。

 例を挙げると、
私は企業の知的財産部で約10年知的財産に係る仕事をしてきました。
一方、Aさん(仮)は特許事務所で10年間知的財産に係る仕事をしています。

 この両者はともに10年間知的財産に係る仕事をしていますが、実は異なるスペシャリストに成長しています。

○明細書作成能力 私<<Aさん
 これは、Aさんの方が圧倒的に高いです。企業の知的財産部では、明細書を一部内製しているところもありますが、数といては少ない傾向にあります。
 一方で特許事務所では、明細書を書くことを主な業務としていいます。そのため、明細書作成のノウハウはAさんの方が多く持っているということになります。

○中間対応 私=Aさん
 企業の知的財産部も自社の出願の拒絶(中間)対応の方針決めを行います。そのため、どのように反論すれば特許査定となるかという点については経験や知識を豊富に持っています。
 特許事務所も、もちろん実際に意見書の作成をしたり、対応方針について意見を求められたりしますので、高い能力を持っています。

○発明発掘 私>Aさん
 企業の知的財産部の仕事の一つは、自社の新技術の発明発掘です。日夜、開発部門に足を運び新技術についてヒアリングし発明を発掘していきます。その際に、どの程度の権利範囲で特許を取ることができるのかについても先行資料を基に検討します。
 一方で、特許事務所では企業の知的財産部から出願の依頼をされた技術について明細書の作成を行います。もちろん、クライアントと直接話をして発明発掘をされている方もいますが相対的には少ないかと思います。

○知財戦略立案 私>>Aさん
 自社の強みや他社動向を解析し、ビジネスを有利にする知財戦略を立案します。例えば、標準化技術に対するSEPと呼ばれる特許の取得や、ノウハウとしての秘匿を提案することもあります。このような能力は、同じ10年の知財経験であっても特許事務所の方は経験不足となります。

 どのような、知財のエキスパート像を目指すかによって進むべき道が変わります。そのあたりを頭の片隅に置きつつ弁理士としての進路を決めていっていただければと思います



にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ