平成30年の弁理士試験もようやく全日程が終了しました。
 ・5月の短答式試験
 ・7月の論文式試験
 ・10月の口述試験
 弁理士資格でライフシフトを目指す私も、今年全ての試験を受験&突破(口述は見込み)しました。今回は私が受験した、平成30年弁理士 口述試験の2日目の再現を今後弁理士を目指す方の参考としていただくべくお見せしたいと思います。

 商標(2日目)
 
 題目:地域団体商標について

 試:地域団体商標について伺います
 私:はい(あちゃー。7条の2第1項柱書の暗唱とか、1号から3号暗唱とか言われたらアウトだな。。。)

 試:地域団体商標として登録を受けられる商標の3つの類型のうち、1つについて条文に記載されている内容を説明してください
 私:(あーよかったぁ。3つ全部言えって言われなくて。あれっでも出てこない。。。仕方ない)条文を参照してもよろしいでしょうか?
 試:はい、どうぞ
 私:(1号は覚えてたはずなんだけど緊張してど忘れだ。。)地域の名称及び自己または構成員の(業務に係るは言い忘れたと思う)商品又は役務の普通名称を普通に用いられる方法で表示する文字のみからなる商標。
 試:はい、そうですね。

 試:地域団体商標を使用するのは誰ですか?
 私:自己又は構成員です。

 試:商品又は役務と地域の名称との関係は?
 私:密接な関連が必要です。
 試:(見合わせる)いいでしょう。

 試:パネルをご覧ください
商標パネル1

 試:この問題はあなたの説明力を問う問題です
 私:(何だ?説明力って。答えがあるわけじゃないのか?)
 試:甲はB県の事業協同組合であり(記憶あいまい)B県リンゴという地域団体商標を出願しようと考えています。一方で商標ロはC県の企業乙により(あいまい)登録されています。登録商標ロに無効理由はありません。また、B県リンゴはB県の別の事業協同組合丙の商標として周知となっています。1.出願イと登録商標ロとの関係性について説明し、出願イが登録されるか否か説明してください。2.出願イと周知商標ロとの関係性において、出願イが拒絶されるか否か根拠とともに説明し、その場合甲はどのように対応するのか説明してください。

 私:(しばし沈黙。これは簡潔に答えるの難しいな。説明せよだし。よし、とりあえずたくさんしゃべる作戦でいこう)
 私:商標ロには無効理由がないということから、商標ロは自他商品等識別力を有していることになります。B県リンゴの文字は3条1項3号に該当するため、識別力を有しないと考えます。そう考えると、文字の横にある図形部分に自他商品等識別力が認められて登録になっていると考えられます。そのため、甲の出願イと乙の商標ロは非類似であると考えます。よって、甲の出願イが地域団体商標登録の要件を満たせば登録さえると考えます。
 試:無言
 私:続けます。問題2の商標ロとの関係ですが、出願イは拒絶されると考えます。なぜなら、出願イと商標ハはB県リンゴと同一だからです。(このとき実は勘違いしていた。商標ハは登録されておらず、周知商標であることを見落としていた)
 試:根拠条文は?
 私:(やや自信がなくなり、パニックに。。地域団体で拒絶されるならこれだろ。エイ!)7条の2です。
 試:(見合わせる)7条の2のどの箇所ですか?具体的に
 私:(ん?間違えた?あってるの?)じ、じ、条文を参照してもいいでしょうか?(動揺)
 試:どうぞ
 私:(困ったなぁ。7条の2っと。おっいい記載みつけたぞ)。B県リンゴは甲の商品として周知ではなく、丙の商品として周知のため7条の2第1項柱書の要件を満たさないため拒絶されます。(言い終わった後、あっそうか。4条1項10号でも拒絶だ。言いたい。言いたい。聞いて。)
 試:まぁいいでしょう
 私:(ありゃ。よかったのかな?4条1項10号が必須なら聞いてくれたよね。)
 (ビー)第1鈴。
 私:(商標は時間かかってるなぁ。あと何問あるんだろう。。。)
 試:甲はどのようにすれば、商標権を取得できますか?
 私:(乙のものとして周知なんだから)共同して出願すれば商標権を得られます。
 試:以上で終わります。

 (感想)4条1項10号を言ってないから、どうなんだろう。そもそも説明力を問う問題だとすると最後の問題までいったからってCになることもあるのか?良く分からないけど、特許と意匠が自信ありのため問題ないでしょう。

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ