平成30年の弁理士試験もようやく全日程が終了しました。
 ・5月の短答式試験
 ・7月の論文式試験
 ・10月の口述試験
 弁理士資格でライフシフトを目指す私も、今年全ての試験を受験&突破(口述は見込み)しました。今回は私が受験した、平成30年弁理士 口述試験の2日目の再現を今後弁理士を目指す方の参考としていただくべくお見せしたいと思います。

 特許実用新案(2日目)
 
 題目:特許権の侵害について(記憶あいまい)

 試:特許権を侵害された場合に、特許権者が請求できる民事上の救済措置は何ですか?
 私:差止請求、損害賠償請求、不当利得返還請求、信用回復措置請求です。

 試:特許権者は現に特許権を侵害されている場合のみ権利行使できますか?
 私:一定の予備的行為についても、侵害とみなして権利行使できます。
 試:もう少し説明してください
 私:専用品や不可欠品についても間接侵害が成立します
 (試験官見合わせる)
 試:もう一度質問をします。特許権者は「現に(強調して)」侵害されている場合にのみ権利行使できますか?
 私:(うーん、はっ)「侵害されるおそれ」があれば足ります
 試:はいそうですね。

 試:パネルをご覧ください
特許パネル1

 試:乙は甲の特許権を侵害していますか?
 私:業として実施していれば侵害します
 試:その理由は?
 私:乙の装置はAを備えており甲の請求の範囲に属するからです(利用とは言わなかったがOKだった)
 
 試:乙は甲の出願前に頒布された文献Xの存在を知っていました。その場合、乙は侵害訴訟の場でどのような主張をすることができますか?
 私:104条の3の主張をすることができます。
 
 試:どのような理由に基づいてですか?
 私:文献Xにより甲の特許権は無効審判により無効とされるからです。

 試:無効理由の根拠条文は何ですか?
 私:29条1項3号です。
 
 試:104条の3の趣旨は何ですか?
 私:(詳細忘れたのでキーワードだけ適当に)当事者の紛争の早期解決です
 
 試:それでは、甲はその場合どのような対応をすることができますか?
 私:訂正の再抗弁が可能です
 試:もう少し詳細に説明してください
 私:文献Xに記載のないA+Bに訂正することで、無効理由を解消します。そして、訂正後の請求の範囲A+Bは乙の製品を包含するため侵害であると主張します
 試:他にも要件はありませんか?
 私:(ん?訂正審判を請求しっていうのかな。まーこれも言い忘れてたからまずはこっちを)訂正後のA+Bは明細書に記載されている範囲です。

 試:以上で試験を終わります
 私:(ほっ)
 試:時間が余っていますので、試験とは関係ない話を聞かせてください
 私:(おぉこれが噂に聞く雑談か。Cはないと確信)
  
 少し雑談していると第1鈴が。(よっぽど早く終わったみたいだ。)
 試:では、以上で終了します。
 私:ありがとうございました。



にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ