いきなりステーキの出願した特許が異議申立てにより、
 「法上の発明でない」
 という理由で取消決定された件について、東京高裁は取消決定は誤りであるとの判決を行いました(全文リンク)

 うーん、発明とは何か考えさせられます。

 請求の範囲は、

 お客様を立食形式のテーブルに案内するステップと,
 お客様からステーキの 量を伺うステップと,
 伺ったステーキの量を肉のブロックからカットするステップ と,
 カットした肉を焼くステップと,
 焼いた肉をお客様のテーブルまで運ぶステッ プと
 を含むステーキの提供方法を実施するステーキの提供システムであって,
 上記お客様を案内したテーブル番号が記載された札と,
 上記お客様の要望に応じてカットした肉を計量する計量機と,
 上記お客様の要望に応じてカットした肉を他のお客様のものと区別する印しとを備え,
 上記計量機が計量した肉の量と上記札に記載されたテーブル番号を記載したシールを出力することと,
 上記印しが上記計量機が出力した肉の量とテーブル番号が記載されたシールであること
 を特徴とする,ステーキの提供システム。

 とても分かりやすいクレームでまさに、いきなりステーキのオーダーシステムそのものです。
 これが特許維持されると、似たような業態のステーキ屋さんに対して権利行使可能となります。

 斜め読みですが、特許権の侵害を(とりあえず文言侵害を)回避するなら、自分なら下記変更をとりあえず行うかな、と。

①立食形式ではなく、着席形式のお店にすることで下記ステップをなくす
 ⇒ お客様を立食形式のテーブルに案内するステップと,
②お客様を案内する「前に」テーブル番号とお肉を紐付けてしまう(微妙?)
 ⇒ 上記お客様を案内したテーブル番号が記載された札と,
 ※明細書上は一度、席に案内した後にオーダーを取っている
③シールを計量機からではなく、別の端末で出力する。
 ⇒上記計量機が計量した肉の量と上記札に記載されたテーブル番号を記載したシールを出力することと,
 ※計量機が、のかかりが分かりづらい。
  1.計量機がシールを出力する
  2.計量機が計量した肉の量を、何かがシールとして出力する
 明細書には
計量機から打ち出された、ステーキの種類及び量、価格、テーブル番号が記された2枚のシールの内の一枚をステーキのオーダー票とし、先のステーキ以外のオーダー票に貼着することにより保管し、お客様には、案内したテーブルに戻って頂く。
 と、記載されているため、1.のかかりが正しいように思われます。そのため、別の端末でシールを出力すれば文言非侵害と一応主張は可能と考えます。

 今後の動向がどうなるかは不明ですご、飲食業界のオーダーシステムを特許で保護できるというのは本当に興味深いですね。

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ