企業知財部の仕事の大半は、設計者(開発者)が持ってきたアイデアが特許になるか否かを判断し、特許事務所に出願依頼or自分で明細書を作成すること、になります。

 しかし、特許を出願したい設計者は知財知識が不足しているため、しばしば下記のようなアンバランスが生じます。

私「このアイデアは新規性はあっても、進歩性がないと考えます」
開発者「いーや、これは今ある製品よりも改良しているのだから特許になるはず」
私「・・・・(いや、それは別の会社がもう製品にしている後追いだから。。)」
開発者「いいから出願してくれ!(俺はノルマ達成したいんだ)」

 このような状態になってしまった場合に、皆さんならどう説明しますか??
 
 以前勤めていた会社は、いわゆる大手製造メーカのため設計者たちも知財の知識は集合教育である程度学んでいます。しかし、年に1件特許を出願すればノルマ達成という状況では年に1回しか知財に触れる機会がないのです。そのような状況で、集合教育の内容を覚えていろ、というのは難しいと思います。

 そんな状況に上手く立ち回る能力こそが、企業知財部の能力です。さらに私は元開発者だったため、開発者の知財レベルや気持ちもよーく理解できるという能力を備えています。そのため、平易な言葉でお互いが納得できる説明をすることができていました。

 一方で企業知財部は、特許法の細かいところまで知らなくても仕事ができてしまいます。また、弁理士資格を持っていなくても仕事ができるため最近の若手は弁理士資格の勉強をしていなかったりします。

 もったいないですよね。難しいことを平易に説明する企業知財部の能力×弁理士としての法律の知識、のハイブリッドは今後強い武器となると確信しています。

 企業知財部に勤めている方たちも、時間を有効に使いながら弁理士資格の勉強ができるようアプリの開発を行いました。

 無料弁理士講座 タダ弁

タダ弁では、弁理士試験の過去問を無料でスマホやPCを用いて学習することができます。企業知財部にお勤めの方も是非ご利用ください。



にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ