にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ

大手企業を退職して、弁理士資格でライフシフト

37歳元会社員です。 ライフシフトを目指し、超大手企業を退職し新たなチャレンジを始めました。 企業で培った知識や経験をもとに、より多くの方に知的財産の魅力を伝えていきたいと考えています。

大手企業を退職して、弁理士資格でライフシフト イメージ画像

更新情報

 知財部機能を広く提供する! この目標を達成するために、事業の準備を進めています(過去記事参照) まだ準備中で広く案件を募集しているわけではありませんが、知り合いの大学教授からとある企業の相談に乗ってほしい、と依頼されました。 私で力になれるなら、と先日

 企業の知財部に所属後、弁理士資格を取ってこれからの事業についていつも考えています。 従来の特許事務所弁理士の書面作成により料金をいただく という図式を変えていきたいと思っているのですが、何かを相談する際にお金を払うという文化は知財業界にはまだ浸透してい

 突然ですが、セミナー講師として登壇の依頼がありました。  お話を聞いてみるとブログを読んでくれている方のようで、技術者向けに知財に関するセミナーを開催してほしい、とおっしゃっていただきました。 前職は大きな会社で、私は新人向けや経験者向けに知財教育も担

 以前にいきなりステーキの特許に関する記事を書きました(過去記事)。 アクセス的にも一定のアクセス数のある人気記事になっています。 そして、このいきなりステーキ特許。知財業界の人間としては、 「発明とは何か」 ということを考えるいい機会となっています。 

 オフィスを探していることは、以前にも記事にしました(過去記事)。 実は某大学内にオフィスを借りないかというお誘いを受けて、そこに数年間入ることを真剣に検討しておりました。 ベンチャー企業にオフィスを貸し出している大学というのは、あまり知られていませんが

 会社を退職して、Rubyというプログラミング言語の学習を始めました。 会社に在職中は、機械設計をしており機械図面を書いていました。 現在は弁理士試験に合格し、知財の専門家として業界を盛り上げていきたいと思っています。 本日は上記のような経験を有する管理人が

 無料弁理士講座 タダ弁はこれまで短答式試験の過去5年分の問題を収録していましたが、論文式試験の趣旨問題(暗記が必要)に対応するべくアップデートを行いました。 今回のアップデートにより、論文式試験の趣旨問題(特許)を学習いただくことができ、短答式試験免除
『無料弁理士講座 タダ弁が趣旨問題(特許)に対応しました』の画像

 実際に公表された新審査機銃は前回の記事でご紹介した案文のうち一部しか反映されていませんでした。そこで、実際に改訂された審査基準と案文を見比べましたので、内容について説明させていただきます。また、改訂の背景についても調べましたのでご紹介いたします。 なお

 弁理士試験の趣旨問題が学習できるアプリって過去あったんですかね。 タダ弁アプリは短答式試験の過去問に特化していたのですが、全体の受験者数に対して短答免除の方も相当数いらっしゃいます。その方達の論文の勉強に何か役に立つことはないかと思い、実は今、無料弁理

 すみません。下記のような記事を書きましたが改訂後の審査基準見ると、案で示された内容のいくつかは見送られているようです。 改訂のほとんどが見送られたことに気が付きませんでした。(改訂は規定路線と思っていたためです) お詫びして訂正いたします。 改訂された

↑このページのトップヘ