にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ

大手企業を退職して、弁理士資格でライフシフト

37歳元会社員です。 ライフシフトを目指し、超大手企業を退職し新たなチャレンジを始めました。 企業で培った知識や経験をもとに、より多くの方に知的財産の魅力を伝えていきたいと考えています。

大手企業を退職して、弁理士資格でライフシフト イメージ画像

更新情報

 7月1日の弁理士の日に合わせて、ドクガク様の声掛けにより実現している本企画。 今年は「知財業界での初体験」というお題をいただいております。 私自身は、入社⇒エンジニア⇒知財部⇒海外留学⇒知財部⇒独立という流れだったので、知財業界にきて初体験したことはいろ

 弁理士になってから、セミナー開催を頑張っています。 「知財」ってやっぱりどこか遠い世界で、だからこそあまり関わりたくないと思っている方が多いと考えています(トランスミッションの設計者だったころは、まさにそう思っていました)。 だからこそ、多くの方に知財

 短答式試験の合格発表がされましたね。 本当は発表日当日にブログを更新したかったのですが、少し立て込んでおり対応できませんでした。 さて、気になる合格点は、大方の予想通り39点! これは受験生にとってはありがたいですね。毎年合格点を変えられるとどうしても論

 受験生の皆様、短答式試験お疲れ様でした!39点かつ足切りを回避した方は残りの1ヵ月が勝負です。最後のひと踏ん張り頑張って下さい。 私の場合は、短答式試験まではほぼ100%短答の勉強をしていました。そのため、論文の勉強は短答式試験の後に突貫工事で行いまし

 一日遅れてしまいましたが、短答式試験を受験された皆様本当にお疲れ様でした。 今年の試験問題はまだ見ていませんが、例年通り大変難しい試験であったと思われます。そういった意味では、どの年に受けても困難な試験であることに変わりありません。 39点以上かつ足切

 いよいよ短答式試験の日が目前です。 運営している無料弁理士試験学習アプリタダ弁のアクセス数もうなぎのぼりで、3000PV/日を達成する日が出てきました。継続的にアクセスしてくれているのは50人ほどになります。  収益に関しては、公告をクリックしていただき広

 弁理士の短答式試験が目前です。この試験は短答で始まり短答で終わるといっても過言ではありません。受験生の方は悔いが残らないよう最後の頑張りを。 さて、昨年は自分も受験生でこの時期はとてもつらかったのをよく覚えています。どこまでやっても終わりの見えない条文

 以前見送られたと思っていた部分意匠に関する審査基準がこのタイミングで改訂されましたね。短答式試験はもちろん、論文式試験でも注意が必要です。 とはいえ、この改訂のタイミングを見ると今年の試験問題は作成ずみでしょうから出題されないのではないかと期待してしま

 先日モノづくりに関する展示会に行ってきました。 目的としては、最新の技術に触れあいつつ知財の悩みについて聞きだしたい(営業)というものです。 出展している多くの企業と話したいと意気込みつつ参加しましたが、自分の詳しい技術分野以外についてはなかなか話を聞

 先日、同業界の仲間で飲みにいっていたのですがその時に特許技術者の方も参加されていました。その方は、短答は免除で今年は論文式試験の受験をするそうです。 軽い気持ちで、勉強の状況を尋ねると、自信ありげに「今年は合格しなくてはいけないと思っています」と回答い

↑このページのトップヘ